さまざまな店舗や一般住宅で使われている軽量シャッターの開発を担当しています。開発の業務は、新製品の開発と、既存製品の改善・改良の二つに分けられます。新商品の開発では、まず市場で求められている商品や、他社にあって当社にはない商品などを開発テーマに選定します。既存製品の改善・改良は、不具合に対しての改善、品質を維持したうえでのコストダウン、カラーバリエーションの追加、設計範囲の拡大など、現在ある商品をよりよいものしていくために工夫を加えていきます。
どちらも市場ニーズやお客様の要望を把握して、的確に応えていくことが大切ですので、常にエンドユーザーの目線に立って商品設計を行うように意識しています。それが三和シヤッターの使命である、お客様に安全・安心・快適を提供することにつながりますし、市場をリードする商品を生み出すことになると思っています。

開発業務は、販売性、生産性、施工性、安全性を考えた商品設計が重要です。複数の課題を解決するために営業、製造、購買、品質保証、施工など他部門と連携して業務を進めています。他部門からの意見やアドバイスはとても貴重で、自分では気付かなったことを発見させてくれます。試作品を完成させ、耐久・耐風圧・防火試験など、さまざまな試験で性能・品質の評価を行いますが、設計上は問題ないはずが思わぬ試験結果になるなど、何度も失敗と検討を繰り返していきます。
その他、部材を共通化することでコストダウンを図ったり、工務と連携して取り付け説明書の原案を考えたり、取扱い説明書の原文作成も私たちの役目です。やるべきことが多岐にわたるので、色々な知識が必要ですが、上司や先輩がサポートしてくれますので、安心して業務を遂行できています。自分が担当したものが、商品化されたときは何よりもうれしいですし、達成感を覚えます。



常にエンドユーザーの目線に立って、商品設計を進めることを意識しています。

さまざまな店舗や一般住宅で使われている軽量シャッターの開発を担当しています。開発の業務は、新製品の開発と、既存製品の改善・改良の二つに分けられます。新商品の開発では、まず市場で求められている商品や、他社にあって当社にはない商品などを開発テーマに選定します。既存製品の改善・改良は、不具合に対しての改善、品質を維持したうえでのコストダウン、カラーバリエーションの追加、設計範囲の拡大など、現在ある商品をよりよいものしていくために工夫を加えていきます。
どちらも市場ニーズやお客様の要望を把握して、的確に応えていくことが大切ですので、常にエンドユーザーの目線に立って商品設計を行うように意識しています。それが三和シヤッターの使命である、お客様に安全・安心・快適を提供することにつながりますし、市場をリードする商品を生み出すことになると思っています。



他部門と連携することで新たな発見ができ、それが、よりよい商品に結びついています。

開発業務は、販売性、生産性、施工性、安全性を考えた商品設計が重要です。複数の課題を解決するために営業、製造、購買、品質保証、施工など他部門と連携して業務を進めています。他部門からの意見やアドバイスはとても貴重で、自分では気付かなったことを発見させてくれます。試作品を完成させ、耐久・耐風圧・防火試験など、さまざまな試験で性能・品質の評価を行いますが、設計上は問題ないはずが思わぬ試験結果になるなど、何度も失敗と検討を繰り返していきます。
その他、部材を共通化することでコストダウンを図ったり、工務と連携して取り付け説明書の原案を考えたり、取扱い説明書の原文作成も私たちの役目です。やるべきことが多岐にわたるので、色々な知識が必要ですが、上司や先輩がサポートしてくれますので、安心して業務を遂行できています。自分が担当したものが、商品化されたときは何よりもうれしいですし、達成感を覚えます。



カタチに残る仕事

店舗などで使用される軽量シャッターは、街中で目にすることができます。自分が担当した商品を見かけるとうれしくなりますし、無意識に目がいきます。シャッターが、どのような用途でどのような人に使われているのか、今どのような状態なのか、不具合や使いづらいといったことはないのかなど、シャッターの様子が気になります。開発の仕事を通じてシャッターに限らず、普段の生活のなかでも相手に満足してもらえることは何かを常に考えるようになり、人間的に成長できたと感じています。