中村 香織

社員一人一人の人間性と、部署の垣根を越えたチームワークがこの会社の一番の魅力。

中四国・九州設計グループ 中四国・九州間仕切設計課

2012年入社

  • 技術職
  • 中堅社員
  • 女性

常にお客さまを想像し、オーダーメイドで最適な設計をする喜び

入社理由は何ですか

大学で建築を学び、図面を書く仕事に興味がありました。
設計の仕事を目指して就活を始めた時に見つけたのが三和シヤッター工業。
説明会での社員の皆さんの人柄や会社の雰囲気が魅力的で入社を決めました。

仕事内容を教えてください

クライアントが書いた図面を見て、どういうものを建てたいのか、仕様を読み取ってCADで図面を描いています。入社以来ドアを担当していましたが、昨年4月から間仕切りの担当に異動になりました。現場ごとに細部は異なりますし、環境によっても仕様が変わります。先輩や、開発の部署の方に相談しながら、1つひとつオーダーメイドという意識で取り組んでいます。また、設計は納期との闘いでもあり、学生時代に膨大な課題をこなしていたことが今につながっているのかもしれません。

設計の仕事をする上で大切にしていることは何ですか

お客さまの立場になって考えることです。将来的に一部だけ取り替えることもできるようにするなど、お客さまが長い間使われることをイメージして、より快適な設備を実現するのが設計の腕の見せどころです。気になる現場には実際に出向いて、施工している職人さんに直接話を聞いた上で、図面に反映させています。

印象的だった案件はありますか

入社3,4年目で初めて大きな現場を担当した時です。マンションの現場で数量が多い現場でしたが、本数が多くなるほどトータルバランスを考えるのが難しくなると学びました。また、数量が増えるほど早めに発注する必要があるため、いつまでに承認をとって発注すべきか、納期や工程を意識するようになりました。無事に終わったと現場の方から聞いた時には、お客様の要望にきちんと答えることができたのだと、ホッとしました。

三和シヤッターの魅力は何だと思いますか

仕事の中では部署の垣根を越えて協力でき、社員一人一人の人間性とチームワークがこの会社の一番の魅力だと感じています。三和の商品は、人々の生活に密着して当たり前の日々を支えているものですので、安心安全を第一に考えて、仕事に取り組んでいきます。

(Profile)

クライアントから上がってくる建物全体の図面を基に、それに適した間仕切の設計を担当。
仕事において大切にしていることは「疑問点を残さないこと」。
目標は先輩方のように後輩の見本となること。