松原 実季

自分でやろうと思えば何でも挑戦できる環境が、ここにはあります。

ビル建材事業本部 経営管理グループ ビル建材総務課

2018年入社

  • 事務系職
  • 若手社員
  • 女性

自分なりの工夫で業務の改善に挑戦し、生産性を上げることにやりがい

入社の決め手は何ですか

会社説明会で、営業の方が「若手が挑戦できる環境がある」と話していたことです。実際にその方がとても生き生きとしていて自分の仕事に誇りを持っているのが伝わってきて、「私もこの会社で働きたい」と三和シヤッター工業への入社を決めました。
父親が自動車部品のメーカーで勤務していた影響もあり、ものづくりの会社を中心に就活を行なっていました。

現在の仕事内容を教えてください

総務課にて社会保険の手続きや給与計算、借上げ住宅の契約手続きなどを行なっています。人事労務の仕事はゼロからのスタートでしたが、自分で調べながら進めたり上司に分からないことを相談しながら行なっています。メールの打ち方や言葉遣いから上司がとことん寄り添って指導してくれました。人に教わるときや間違いを指摘された時は、言い訳をせずに素直に学ぶ姿勢が大切だと考えて心がけています。上司からは、仕事だけでなく社員一人一人に親身に向き合う姿勢を学びました。尊敬できる上司がいてくれることを幸せに感じています。私も相手にペースに合わせて落ち着いて話を聞き、そこから提案やアドバイスができるようになりたいです。

どんな時にやりがいを感じますか

総務課の仕事はルーティンが多いですが、前月のミスや反省を踏まえて自分なりの改善に取り組むことで、業務の生産性を上げることにやりがいを感じています。現在は書類をデータ化し、ペーパーレスの推進に自ら挑戦。会社説明会で聞いた通り、自分でやろうと思えば、何でも挑戦できる環境があります。

三和シヤッターの魅力は何ですか

製品の性能の高さや営業力はもちろん当社の魅力ですが、働く社員にとっては福利厚生の手厚さも大きな魅力です。家賃補助や借上げ住宅、子ども手当などの生活面のサポートがあるほか、女性が働く上で結婚や出産などのライフステージの変化を経てからも、産休・育休・時短勤務で働き続けられる制度が整っています。

学生の皆さんへメッセージをお願いします

就職活動は、自分自身を振り返る大切な機会になると思います。それから私は会社説明会にはできるだけ足を運び、会社の雰囲気を実際に感じることを重視していました。自分をしっかり見つめ直した上で、企業の情報を集め、納得のいく就職先を見つけられるように頑張ってください。

(Profile)

総務課に所属し、社会保険の手続きや給与計算、福利厚生関連業務など人事・労務を担当。仕事において大事にしているのは「素直さ」。
目標は、尊敬する上司のように、社員から頼られる存在になること。