大和 寛典

営業で大切なのは、お客さまと直接コミュニケーションを重ね信頼関係を築くこと。

中部事業部 名古屋支店 名古屋営業所

2017年入社

  • 営業職
  • 若手社員
  • 男性

お客さま、社内の仲間との信頼関係が成功へとつながる

現在の仕事内容を教えてください

営業としての業務の流れは、まず現場に伺って打ち合わせを行い、その内容を踏まえて見積書を作成します。そして物件を受注したら再度現場で打ち合わせをし、必要に応じて設計部門へ依頼するか、自分で依頼書を作って工場に流します。それからお客さまと折衝して金額や工事の段取りを決め、職人さんや工事の業者さんに取り付け方を説明します。工事が完了したら最後にお金の回収業務をして終了となります。メインのお客さまは工務店さんサッシ屋さんなど、地場の業者さんです。

仕事で大切にしていることはなんですか

お客さまの元にお伺いし、直接コミュニケーションを重ねる中で、信頼関係を築くことが一番重要です。そのために、自分にできることは早めにやるよう心がけています。現場に行ったらその日に見積もりをして、お客さまから言われたこともすぐに対応します。「明日やろう」と思い続けているうちに忘れてしまい、お客さまにご迷惑をかけてしまったこともあるので、失敗を繰り返さないようスピードは意識しています。

これまでで印象的だった案件はありますか

今まで他社を利用していた工務店さんが、自分が何度も通い続けるうちに当社に切り替えてくれたのは嬉しかったです。何度もお客さま先に通い続けるうちに、関係性が深まり、「一回うちの施工をやってみる?」とご依頼を頂けました。何としてでも期待に応えたいという思いで先輩にも相談しながら念入りに準備し、無事に施工が完了した時はホッとしました。施工完了後、お客さまから「大和君がいて良かったよ」と言っていただくことができ、心からやりがいを感じました。

三和シヤッターの魅力はなんですか

営業は自分一人の力だけでできる仕事ではありません。先輩方や他部署の皆さんと協力することで初めて成功するものです。そのときに必要なのが「信頼」。三和シヤッター工業には社員全員がお客さまを第一に考え、協力し合う体制が整っています。お客さま、社員の皆さんとの信頼の輪をさらに広げていけるよう私も頑張りたいと思います。

(Profile)

担当地域の工務店などに営業活動を行い、商品(ドアやシャッター)の受注後は現場での打ち合わせから見積書の作成、工場との連絡など、施工管理までの一連の流れを担当。仕事において大切にしていることは「直接話すこと」。