日本に軽量シャッターを普及させた三和シヤッター

皆さんが「シャッター」と聞くとカメラのシャッターを連想される人も多いと思いますが、当社の社名にもなっている「シャッター」とは、商店や倉庫、住宅の車庫などに取り付けられている「すだれのような巻取式の建具」のことです。
日本において、軽量シャッターが一般の店舗や住居に取り付けられ始めたのは、高度経済成長期の1960年代です。私たち三和シヤッターは、そんな時代の先駆けとして1956年(昭和31年)に誕生し、60年以上の実績を積み重ねてきました。設立以来、三和シヤッターは、この金属製で防災・防犯性能に優れている「軽量シャッター」を瞬く間に日本に普及させたのです。

シャッターとスチールドアNo.1の「総合建材メーカー」

そして、事業は、シャッターにとどまらず、外部と“住空間”を仕切る「ドア」など、生活やビジネスに“安全・安心・快適”を提供するさまざまな商品やサービスを開発し、事業領域を広げてきました。住空間から都市空間までカバーする「総合建材メーカー」として幅広く事業を展開し、シャッターとスチールドアにおいては国内トップシェアの実績となっています。

安全・安心を創造して、快適をお届けする技術

三和シヤッターの製品はすべて、「安全・安心・快適」を軸に開発・設計されています。「シャッター」や「ドア」などのコア製品は、「住宅」や「ビル」などの開口部にあたるものが多く、内と外を隔てる、暮しに欠かせない建材です。人々に「安全」を提供し、「安心」をお約束することで、人が「快適」と感じられる住空間、都市空間をつくり出す技術といっても過言ではありません。
ビル火災による惨事は、火と煙りによって引き起こされるため、大規模オフィス・店舗などには「防火シャッター/防煙シャッター/防火扉」などの設置が義務づけられています。火や煙は遮断しながら、人が避難できる構造をもったシャッターの開発、もしくはその機能を持つ新しい製品の開発など、三和シヤッターでは、設立以来、シャッターに蓄積した防火・防煙ノウハウに、新技術・新素材を組み合わせ、より効果・性能の高い製品の開発を目指しています。

日本に軽量シャッターを普及させた
三和シヤッター

皆さんが「シャッター」と聞くとカメラのシャッターを連想される人も多いと思いますが、当社の社名にもなっている「シャッター」とは、商店や倉庫、住宅の車庫などに取り付けられている「すだれのような巻取式の建具」のことです。
日本において、軽量シャッターが一般の店舗や住居に取り付けられ始めたのは、高度経済成長期の1960年代です。私たち三和シヤッターは、そんな時代の先駆けとして1956年(昭和31年)に誕生し、60年以上の実績を積み重ねてきました。設立以来、三和シヤッターは、この金属製で防災・防犯性能に優れている「軽量シャッター」を瞬く間に日本に普及させたのです。

シャッターとスチールドアNo.1の
「総合建材メーカー」

そして、事業は、シャッターにとどまらず、外部と“住空間”を仕切る「ドア」など、生活やビジネスに“安全・安心・快適”を提供するさまざまな商品やサービスを開発し、事業領域を広げてきました。住空間から都市空間までカバーする「総合建材メーカー」として幅広く事業を展開し、シャッターとスチールドアにおいては国内トップシェアの実績となっています。



安全・安心を創造して、
快適をお届けする技術

三和シヤッターの製品はすべて、「安全・安心・快適」を軸に開発・設計されています。「シャッター」や「ドア」などのコア製品は、「住宅」や「ビル」などの開口部にあたるものが多く、内と外を隔てる、暮しに欠かせない建材です。人々に「安全」を提供し、「安心」をお約束することで、人が「快適」と感じられる住空間、都市空間をつくり出す技術といっても過言ではありません。
ビル火災による惨事は、火と煙りによって引き起こされるため、大規模オフィス・店舗などには「防火シャッター/防煙シャッター/防火扉」などの設置が義務づけられています。火や煙は遮断しながら、人が避難できる構造をもったシャッターの開発、もしくはその機能を持つ新しい製品の開発など、三和シヤッターでは、設立以来、シャッターに蓄積した防火・防煙ノウハウに、新技術・新素材を組み合わせ、より効果・性能の高い製品の開発を目指しています。