避難時停止装置

避難時停止装置は火災時の煙、熱を感知して防火・防煙シャッターが閉鎖を始めた時の、はさまれ事故を防止するための機構です。座板スイッチ(シャッター下端のセンサ)に障害物が接触すると一旦停止し、時間を置いて再度閉鎖を開始します。障害物がなくなると完全に閉鎖します。
動作方法

避難時停止装置

閉鎖中の動き

避難時停止装置

ページトップへ