三和シヤッター工業株式会社

HOME ご利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ Link カタログ請求 お問い合せ
ガレージドアを選ぶ ガレージドアの詳細を紹介 [ムービー]商品紹介編/ガレージライフ編 ガレージドアのさまざまな使い方 三和の安心とメンテナンス ガレージドアユーザーと開発者が語る/Q&A
ガレージドアユーザーが語る 開発者が語る Q&A
HOME > ガレージドアユーザーと開発者が語る > ガレージドアユーザーが語る > 威風動々
威風動々
【G氏邸 埼玉県】住まいの外壁に合う色、内側からの見た目の美しさと高級感が決め手。
photo 限定車にふさわしいピットガレージをイメージ 外壁とアルミパネル色がピッタリ。親子ともども気に入りました。
   親子そろってドイツ車に乗るG邸は2階に親世帯、3階に子世帯が住む2世帯住宅。1階がビルトインガレージとリビングになっている。
 「クルマを大事にしたい」「リビングからクルマを眺めたい」という気持ちからビルトインガレージを選択し、重量鉄骨構造を採用して補強柱や壁などの遮蔽物を取り払った。天井も高く、2台が余裕で収まるスペースが確保されている。
親子2世代のドイツ車を収納するビルトインガレージは、サーキットピットをイメージしたもの。ガレージドアも重要なアイテムのひとつとしてこだわって選びました。 愛車のためにガレージドアにこだわる
 愛車はツーリングカーレースで活躍したBMWのホモロゲーションモデルで、600台限定の一台。貴重なマシンにふさわしく、サーキットのピットをイメージしたガレージにはエアコンを設置し、常にクルマと快適に過ごすことができる。
 最初から1枚で2台用のガレージドアをつけようと考えていたが、なかなか決まらず、結局、最後まで残ったのがガレージドアだった。
 「クルマにとってのシャッターは人にとっての玄関と同じと考えて、徹底的にこだわりました」
photo  設計士に相談したり、展示場をいくつも回ったり、輸入品を検討したり、その過程でフラットアルミパネルの新製品が出るという情報を入手。それが“威風動々”だった。
 「発売を待ってすぐ見に入ったところ、建物の外壁とのマッチング、ガレージの内側から見た際の美しさ、開閉速度、気密性、防犯性能、価格など、様々な面で理想的なガレージドアに出会えたと思いました」
満足できる器が完成今後はホームシアターも
 適度な高級感があって玄関ドアとの整合性も申し分ない。コンクリート内壁とアルミの光沢のコントラストが美しい内観も、機能的なドイツ車によく似合う。親世代とも十分話し合っただけあり、トータルバランスに優れた仕上がりだ。
 「じっくり時間をかけたおかげで満足のいく器ができました。クルマのメンテナンスのために、工具セットを置いたり、リフトを入れたり、本当の楽しみはこれからですね」
 サウンドシステムも設置済みで、今後はホームシアターやクルマ仲間が集まる場としても活躍しそうだ。
photo
壁に開けた高窓が換気に威力を発揮。
ちょっとしたアイデアでガレージが格段に使いやすくなる。
【G氏邸 宮城県】車3台を余裕で入れられるガレージ。ドアを2枚にすることで日常的な使いやすさを確保できる。
photo photo
photo
高級感あるアルミパネルの光沢とガレージ内のコンクリートの壁の色調がモダンさをブラッシュアップ。
photo photo photo
利便性を高める自動点灯ライト。ドア開閉時に点灯し、作動後約3分で自動消灯。 侵入抵抗5分の証(あかし)であるCPマークを貼付。専用銘板の位置もパネル右下端部に配置することで、フラットパネルの美観を損ないません。
【K氏邸 神奈川県】狭小地にビルトインガレージ。愛車を眺めながら趣味を楽しむスペースは唯一の和室。
photo

ガレージ奥には愛車が見渡せる趣味の部屋。

愛車が映えるライティングはまるでショールーム  趣味の部屋として造られたガレージ奥の部屋は、シンプルカラーで統一された洋風住宅の中の唯一の和室。
 「和の雰囲気もどこかに欲しいと思っていました」
それが内観の色調に合わせた、縁なしの畳敷きの部屋。
「ここから眺める愛車は額にはめ込まれた写真を見ているようで、至福の時間を過ごしています」


さまざまな工夫が施された快適住宅  玄関ドアをガレージ手前とガレージ内に設け、通常の出入りとクルマでの出入りを考慮した設計。居住スペースとカースペースの程よい距離を保っている。  前面道路が狭いため建物までの距離をできるだけ広くとることにより、クルマの出入りがし易くなっている。さらにガレージドア部より勾配がつけられ、中で水を使用しても抜群の水はけの良さを発揮。
 「車高が低いため、設計士さんと相談して微妙な角度をつけました」
 ガレージ内の高窓と和室の地窓で想像以上の採光効果が得られ、さらに計算された照明の演出で、落ち着いた安らぎのある空間に。
 「オーバースライダーは、秘密基地の雰囲気が漂い、開閉スピードも速くて最高ですね」
 K氏のガレージライフは、ますます広がっていく。




photo

洋風モダンな建物にピッタリフィットするステンカラーの「威風動々」。
高級感と開閉スピードの速さが魅力。

photo
© 2015 SANWA SHUTTER CORP. All rights reserved.