水圧開放シャッター

ジェットセーバー

火災などの非常時に消防用ホースを使用して開放できます。
水圧によって約30秒で人の出入りできる高さまで開放します。消防用ホース以外の水圧では作動しませんので防犯管理上も安全です。水圧開放シャッターの採用で、消防設備義務が大幅に緩和されます。
  • 停電時操作
  • 障害物検知
  • 急降下停止
  • カタログを見る
操作方法

電動式(3点押ボタンスイッチ)

スラット

ジェットセーバー

設計範囲

カタログをご覧ください。

性能評定番号((財)日本消防設備安全センター)

水圧開放装置

JS20N型(0.2kW) 評14-141
JS40N型(0.4kW) 評14-142
JS75N型(0.75kW) 評14-143
JS150型(1.5kW) 評14-139

ジェットセーバー

防火性能

防火設備

耐風圧性能

カタログをご覧ください。

防犯性能

スイッチボックスCPを設置した場合のみCP仕様となります。

ジェットセーバー

障害物検知装置

座板スイッチ方式

設計耐用年数 ・回数

設計耐用年数:15年
設計耐用回数:1万回開閉(作動不良を起こさない状態)

(設計耐用年数・回数は、保証値ではありません。)

使用条件

周囲温度:-10℃~+40℃
周囲湿度:RH85%以下
環境条件:沿岸部、化学工場などの腐食性環境および結露、凍結が発生する環境を除きます。

  • お見積り・調査のお問い合わせ
  • 商品の仕様・その他のお問い合わせフォームへ
  • カタログ請求

ページトップへ