• 見積り・調査に関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせ TEL.03-5976-6821
  • 製品の仕様・カタログ請求に関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせ (TEL.03-3346-3011平日9時~17時)
  • 修理・メンテナンスに関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせTEL.0120-3030-17
  • 商品の仕様・その他に関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせ (TEL.03-3346-3011平日9時~17時)
  • ナビダイヤル

    一般電話・公衆電話からは、
    市内通話料金でご利用いただけます。

2009/01/01 商品情報

■防火・防煙シャッター用 避難時停止装置

建築基準法施行令の改正により、人が通る場所に設置される全ての防火・防煙シャッターには、周囲の人の安全(シャッターにはさまらないなど)を確保する機構を持たせることが義務づけられました。
防火・防煙シャッター用避難時停止装置は火災時の煙・熱を感知し、防火・防煙シャッターが降下を始めた時のはさまれ事故を防止するための機構です。シャッター下端のセンサー(避難時停止装置座板)に障害物が接触すると一旦停止し、障害物がなくなってから再降下します。

● 感知器の誤作動時や停電時にも作動します

万一、非火災報により、シャッターが降下した場合でも、人などの障害物が接触すると一旦停止します。また、火災などによる停電時でも作動が可能です。
※非火災報とは、火災による熱・煙以外の原因によって設備が作動し、警報を発することをいいます。

● 既設の防火・防煙シャッターにも取り付けられます

新設/ 既設、手動/ 電動を問わず取り付けられます。既設の場合も、部品を追加・交換するだけで、大がかりな改修工事の必要がありません。

※高さ10m を超えるシャッター、型式の古いもの、また他社旧製品で当社で作動確認が取れていないものは、一式交換となるかあるいは、取り付けられない場合があります。

hinannji1.jpg

■建築基準法施行令第112条第14項の改正

(平成17年7月21日政令246号 平成17年12月1日施行)

防火区画に用いる防火設備に関して「閉鎖又は作動をするに際して、当該特定防火設備又は防火設備の周囲の人の安全を確保することができるものであること」という要件が追加されました。

●平成17年12月1日以降、避難時停止装置のない防火シャッターが設置されている建物は全て「既存不適格」となり、増改築時に避難時停止装置の設置が必要となります。(下記の場合を除く)

通行の用に供する部分に設ける場合に適用されますので、人が通らない場所に設置する場合は適用されません。具体的には次の場合です。

  • ①ガラススクリーンと防火シャッターなどを併用してあり、かつシャッターの降下位置に人が入れない場合(ただし、ガラススクリーンが通路側に、防火シャッターが奥側に設置され、人がシャッターにはさまれるおそれのない場合に限る)
  • ②防火シャッターなどの降下位置の手前に手すりがあって人が通行できない場合
  • ③カウンター部分に防火シャッターなどを使用する場合

メンテナンス上のお願いとご注意

  1. 異常表示ランプが点灯、点滅した場合は、最寄りの弊社営業所またはサービスセンターへご連絡ください。
  2. 危害防止用連動中継器に内蔵されている蓄電池の寿命は約5 年です。シールの表示に従って交換をしてください。
    交換を怠ると避難時停止装置が正しく作動しないおそれがあります。蓄電池の交換(有償)は最寄りの弊社営業所、またはサービスセンターへご連絡ください。

安全に関するご注意

  • シャッター下降中は避難扉から避難してください。はさまれると危険です。
  • ガイドレール内部およびガイドレールぎわ約5cm および床から約5cm の範囲は、避難時停止装置座板の不検知エリアのため、障害物を検知できません

<お客様のチェックがしやすいよう当社独自の工夫を凝らしました。>

避難時停止装置には蓄電池(バッテリー)を内蔵した連動中継器が必要となります。
この蓄電池は、通常は商用電源で充電していますが、寿命は約5 年です。

電気式手動閉鎖装置には、異常の有無を簡単に確認できるランプを設けるとともに、危害防止用連動中継器の電池交換時期を示すシールを貼りました。

hinannji2.jpg

※品質向上を目的に予告なく仕様を変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへ