• 新時代のガレージライフ
  • お見積り・調査に関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせ TEL.03-5976-6821
  • カタログ請求に関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせ (TEL.03-3346-3011平日9時~17時)
  • 修理・点検、部品発注に関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせTEL.0120-3030-17
  • 商品の仕様・その他に関してのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせ (TEL.03-3346-3011平日9時~17時)
  • ナビダイヤル

    一般電話・公衆電話からは、
    市内通話料金でご利用いただけます。

一般のお客様向け商品

修理・点検のよくあるご質問

シャッター・ガレージドアに関する質問

住宅用窓シャッターに関する質問

自動ドアに関する質問

シートシャッターに関する質問

共通

シャッター・ガレージドアに関する質問

01. シャッターのリモコン(送信機)の追加はできますか。

02. 今まで使っていたシャッターのリモコンを紛失してしまいました。同じ機種を取り寄せできますか。

在庫の有るものはお取り寄せできます。下記一覧をご確認ください。

お取り寄せに際しましては、リモコン本体裏面に記載の次の事項をお知らせください。

■MODEL(形式)

■CODE(コード番号)

※お客様のご住所が判るようなものと一緒に紛失された場合には、防犯・不正防止のためお手持ちのリモコンと合わせて、お買い替えをおすすめします。
FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

注)・送信機形式末尾に「T」がある場合、2ch送信機を示します。
・RAX-330以前のモデル(TAX-1、TAX-8、DAX-3)は現行の電波法に違反しているため、供給はできません。
・形式GM3TJはガレージ開閉機1点式3チャンネルです。

ページトップへ

03. シャッターのリモコンのスイッチを押しても送信ランプ(LED)が点灯しないときがあります。
故障でしょうか。

間隔を開けずに操作ボタンを押すと、送信ランプ(LED)が点灯しない場合がありますが故障ではありません。
電波法の送信時間制限により、特定小電力タイプのリモコンの場合は、2秒以上経過してから操作を行ってください(上図参照)。それでも改善しない場合は、リモコンの電池消耗か故障が考えられます。電池交換しても改善しない場合は、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

04. シャッターのカード型リモコンの電池交換方法を教えてください。

(1)取り付けフックがついている場合は、まずフックを外してください。
次に、送信機裏面の□部(交換時押す)を右図のようにボールペンのような先の細いもので押してください。

電池交換方法(1)

(2)電池ブタが少し出てきたことを確認し、電池ブタの先をつまんで引き抜いてください。
※電池ブタを強引に引き抜きますと破損しますので、ご注意ください。

電池交換方法(2)

(3)操作スイッチ(表)面が電池の“+”になるように電池ブタにセットし、送信機に押し込んでください。

電池交換方法(3)

ページトップへ

05. シャッターを閉めると「ピーピー」という電子音がします。故障でしょうか。

06. シャッターがスイッチを押している間しか動かなくなってしまいました。どうすれば良いでしょうか。

原因の一つとして障害物検知装置の送信機の電池消耗が考えられます。
以下の方法で電池交換とリセットを行ってください。

障害物検知装置の構成

障害物検知装置の構成イメージ

送信機の電池交換方法

(1)電池蓋の固定ネジをコインやドライバーなどで回し、古い電池を取り外してください。

(2)次に新しい電池を「+-」の向きに注意し正しくセットしてください。また、送信面の汚れも拭き取ってください。

電池交換後のリセット方法

(1)電池交換後、座板スイッチが完全に接地するまでシャッターを閉め切ってください。

(2)シャッターを開閉し、全閉時正常に停止し、症状が改善していることを確認してください。

※電池交換してもシャッターの症状が変わらない場合は、原因調査が必要です。
FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

【注意】
送信機の電池は、使用しなくても消耗しますので、定期的な交換が必要です。

ページトップへ

07. 数年前に設置したシャッターが、開閉する度にピーピー音がするようになった。故障でしょうか。

シャッターの使用回数が設計耐用回数の1万回に達したことをお知らせするブザー音です。 故障ではありませんのでご使用いただけますが、早めの点検(有償)をおすすめします。点検時にブザー音を小さくする処置をしますが、音を消すことはできません。そのまま使用または放置されますと、故障や事故に繋がる恐れがあります。

点検のご用命は、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)まで
お問い合わせください。

ページトップへ

08. 防火シャッターのスイッチボックスの異常表示ランプが点滅しています。故障でしょうか。

天井内(またはシャッターケース内)に設置してある避難時停止装置のバッテリーが消耗してきており、交換時期をお知らせする表示です。また、異常表示ランプが点灯している場合は、断線等が考えられます。そのまま放置しますと、火災時に避難時停止装置が正常に作動しなくなる恐れがあります。
FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

【注意】
避難時停止装置のバッテリーは、使用しなくても消耗しますので、定期的な交換が必要です。

ページトップへ

09. 電動シャッターが上がらない。確認事項はありますか。

(1)電源がきていない可能性があります。

  • ・ブレーカーが落ちていないかご確認ください。ブレーカーの切り入れで、直る場合があります。
  • ・壁や天井面などのコンセントからシャッターの電源をとっている場合があります。
    電源コードがコンセントから抜けていないかご確認ください。

(2)手動に切り替わっている可能性があります。

  • ・「開」ボタンを押した時、モーター音はしますか。モーター音がする場合は、手動に切り替わっている可能性があり、電動への切り替えが必要です。電動への切替方法は取扱説明書をご覧下さい。
    ご不明な場合はFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

10. 電動シャッターが降りない。確認事項はありますか。

足元の高さに光電センサが設置されている場合は、障害物等を感知している可能性があります。

  • ・レール廻りなどに、障害物がないか確認してください。
    障害物があれば取り除いてください。
  • ・光電センサのレンズ面に、ホコリや水滴が付着していないか確認してください。
    レンズ面を固く絞った布で拭き取ってください。

ページトップへ

11. ガレージドア(天井スライド式)が閉鎖動作中に途中で止まって上昇してしまうことがあります。
原因はどのようなことでしょうか。

安全装置の負荷検知機能が誤作動していると思われます。負荷検知装置の感度調整が必要です。原因調査を兼ねて、サービスマンによる点検・調整をおすすめします。

また、光電センサのレンズ面が汚れていたり、水滴が付いていたりすると、誤作動により途中で止まる場合がありますので、レンズ面を固く絞った布で拭き取ってください。

ページトップへ

12. 手動シャッターが引っ掛かったような感じで途中から降りなくなりました。どうしたら良いでしょうか。

原因によって対応方法が異なります。下図を参照願います。

耳金引っ掛かり(20年くらい前のシャッター)の場合

錠ラッチの出っぱなし、半掛かりの場合

ページトップへ

13. 手動シャッターの開閉が以前に比べて重くなってしまいました。修理できますか。

  • ・手動シャッターはバネの力で上げたり下げたりしていますので、このバネを調整することにより、ある程度は改善できる場合があります。
  • ・長年の繰り返し使用によりバネの劣化の可能性がありますが、この場合シャフト(バネ付きの巻取り軸)ごと交換が
    必要です。

詳しくはFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

14. 既設の手動シャッターを電動に変更できますか。

  • ・巻取りシャフトを交換することで手動シャッターを電動式に変更できます。また、ガレージのシャッターは電動リモコン式に改造することにより、更に使い勝手が良くなります。

詳しくはFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

15. シャッター開閉時に「キーキー」と、金属がこすれるような音がします。大丈夫でしょうか。

  • ・鋼製シャッターはその特性上、開閉時の音は避けられません。
    現在まで多くの改良が加えられ、昔のものと比較すると数段静かになりました。
    しかし、通常の開閉音と明らかに異なる異常音、またはシャッターケース内部から音が発生する場合は故障の可能性があります。そのまま使用し続けると、事故に繋がる可能性がありますので、早急に原因調査のため点検が必要です。
  • ・注油により改善できる場合があります。

ガイドレール部分やシャッタースラットのつなぎ目部分に市販の潤滑油をスプレーしてください。はみ出した油分は埃の付着原因になりますので、よく拭き取ってください。

詳しくはFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

16. シャッターの開閉の時「ガラガラ」と音がうるさく近所迷惑では、と心配です。どうすれば良いですか。

  • ・注油により改善できる場合があります。
    ガイドレール部分やシャッタースラットのつなぎ目部分に市販の潤滑油をスプレーしてください。
    はみ出した油分は埃の付着原因になりますので、よく拭き取ってください。
  • ・シャッターのガイドレールには消音樹脂が組み込まれているものもありますが、経年劣化している可能性があります。
    消音樹脂交換により音を小さくできる場合があります。
    詳しくはFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。
  • ・手動式を電動式に交換することにより、「ガラガラ」という音はかなり改善されます。

ページトップへ

17. 車庫にシャッターを、約3年使用しています。シャッターカーテン(スラット)の傷が目立ちます。
このような状態になるものでしょうか。

正常なご使用方法でも、シャッターカーテン(スラット)やガイドレールなどの接触部分では、巻取り傷が発生します。発生の状況は使用頻度や砂・粉じんの付着など、設置環境に大きく左右されますが、1日の開閉回数が多い場合(シャッターは1日あたり1~2往復で設定されています)には比較的早く発生することがあります。
シャッターの機能には問題ありませんが、より長くきれいな状態でお使いいただくために定期的なお手入れ(清掃)をおすすめします。

ページトップへ

18. シャッターのペンキの塗り直しで、注意することはありますか。

シャッターカーテンの連結部分に塗料が入らないようにしてください。また、塗装が完全に乾いてから巻き上げてください。
連結部分に塗料が入ると、開閉に支障をきたす恐れがあります。

ページトップへ

19. ブロードシャッターで、停電時手動操作用のチェーンを操作しても上がっていきません。
故障でしょうか。

軽い力で操作できるように、少しずつ上がる設計になっています。
そのため、全開するまでに時間がかかりますが、ご了承願います。

ページトップへ

20. 荷物の上にシャッターを降ろしてしまい、斜めになった状態で動かなくなってしまいました。
どうすれば良いでしょうか。

21. フォークリフトが接触してシャッターが外れてしまいました。どうすれば良いでしょうか。

たいへん危険な状態なので、まず使用を停止してください。無理に開閉しますと事故に繋がる恐れがあります。
早急にFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までご連絡ください。

ページトップへ

22. シャッターのキーを紛失したので取り寄せできますか。スペアキーはどこへ頼めば良いでしょうか。

シャッターの鍵には下記の種類があります。キーの刻印№をお知らせください。

キー№は、キーパーツと錠前本体(シリンダーの裏側)に刻印されています。
詳しくはFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

  • (1)手動シャッターのキー
  • (2)電動シャッターのスイッチボックスのキー
  • (3)シャッターケースの点検口のキー

いずれのタイプもお取り寄せができます。(納期2週間程度)
但し、防犯上の理由から、ご本人を確認させていただく場合があります。
また、キーは直接手渡しを基本としております。

※お客様のご住所が判るようなものと一緒にキーを紛失された場合には、防犯上の理由から錠前ごと一式交換をおすすめいたします。

ページトップへ

23. シャッターの付属部品(手かけ・フック棒)はどこで売っていますか。

FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)で承っております。
ご注文の際は、下記の事項(サイズ・シャッターの色)をお知らせください。

手掛け、フック棒

詳しくはこちら


ページトップへ

24. シャッターの曲がったところだけ部分交換できますか。

部分的に交換することは可能です。シャッターはスラット(本体)を1枚づつ組み立てて作られていますので、1枚だけあるいは部分的に10枚といったように交換ができます。(一部の住宅(窓)シャッターを除く)

但し、設置から年数の経っているものは同じ形状や同じ色のスラットが用意できない場合があります。

詳しくはFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

25. 関連会社であるオーバーヘッドドア社製のリモコンを使っています。
リモコンの追加購入は可能ですか。

アメリカ製のため、日本の電波法に適合していないので取り扱いはしておりません。
また、当社仕様とは異なりますので本体・駆動部の修理についても対応いたしかねます。
おそれいりますが、施工店・購入店へご相談願います。

ページトップへ

26. 電動のガレージドアを手動操作に切り替える方法を教えてください。

電動オペレーターに付いている手動切り替えロープを真っ直ぐ下へ引くと直接パネルを上げ下げできます。
手動操作は非常時のためですので、通常時の使用は避けてください。また、手動操作は全閉時にロックができません。

詳しくはこちら


ページトップへ

住宅用窓シャッターに関する質問

01. リフォームで外壁塗装をする際、一緒に窓シャッターも塗りたいのですが、問題ないでしょうか。

窓シャッターには塗装をしないでください。
シャッターカーテンの連結部分に塗料が詰まると開閉に支障をきたします。

ページトップへ

02. 窓シャッター(サンパックスリム)が設置されています。開閉は正常ですが途中停止ができません。
押ボタンスイッチには停止ボタンが付いていませんが、対応の方法はありますか。

"ON・OFF"のボタンをOFFにすると止まります。

ページトップへ

03. 窓シャッターの取扱説明書に潤滑油をスプレーしてくださいと記載がありますが、
どのような油が良いですか。

  • ・スクリーンタイプの窓シャッターには、「シリコーン系」の潤滑材おすすめします。
    尚、ガイドレール内のモヘアの汚れを拭き取ってから塗布するとより効果的です。
  • ・ブラインドタイプの窓シャッターには、市販の潤滑材「フッ素系の粘度の低い潤滑剤」をおすすめします。

ページトップへ

04. ブラインドタイプの窓シャッター(マドモアブラインド・スカイトーン)でサッシを開けて通風状態のまま
外出しても大丈夫ですか。

防犯上、外出する時はサッシを閉めてください。

ページトップへ

05. 電動化した窓シャッター(マドモアチェンジ・楽蔵)を使っています。
停電時の取り扱いに関して教えてください。

マドモアチェンジ・楽蔵には、停電時や非常時に手動で開放する装置は装備しておりません。

ページトップへ

06. 手動式窓シャッターを電動にできますか。

マドモアチェンジという商品にて、電動化(リモコン標準装備)が可能です。但し、既存のシャッターの型式や状況によって対応できない場合がありますので、現地調査が必要です。

詳しくはFTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

07. 戸建住宅で既存の窓シャッターを交換したいのですが、外壁に手を加えずに工事できるリフォーム用の窓シャッターはありますか。

リフォーム用としてのご用意はありませんが、壁付けタイプの窓シャッターがあります。
現地調査が必要ですので、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

08. シャッターの日常の手入れはどんなことをすれば良いでしょうか。

日常のお手入れ方法と注意事項は、下記の通りとなります。

清掃方法

使用上の注意

使用上の注意

ページトップへ

自動ドアに関する質問

01. センサが検知せずドアが動かない。どのようにしたら良いでしょうか。

  • (1)分電盤・配電盤のブレーカーがOFFになっていないか確認してください。
  • ブレーカーのスイッチを入れてください。
  • (2)電源スイッチまたは手元スイッチがOFFになっていないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元スイッチをONにしてください。
  • (3)センサの異常、その他駆動装置の故障の可能性があります。
  • 原因調査が必要になりますので、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)まで
    お問い合わせください。

ページトップへ

02. センサは感知するがドアが開かない。どのようにしたら良いでしょうか。

  • (1)ドア錠が施錠されていないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元のスイッチをOFFにしてからドア錠を開錠してください。
  • (2)ドアに障害物が引っ掛かっていないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元のスイッチをOFFにしてから障害物を取り除いてください。
  • (3)センサの異常、その他駆動装置の故障の可能性があります。
  • 原因調査が必要になりますので、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)まで
    お問い合わせください。

ページトップへ

03. ドアは開くけど、閉まらない。ドアが自然に開閉する。どのようにしたら良いでしょうか。

  • (1)センサが検知し続けていないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元スイッチをOFFにしてから、のれんや植木など検知物を移動してください。
  • (2)補助光線のレンズにゴミ・雪などが付着していないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元スイッチをOFFにしてから付着物を取り除いてください。
  • (3)センサの異常、その他駆動装置の故障の可能性があります。
  • 原因調査が必要になりますので、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)まで
    お問い合わせください。

ページトップへ

04. ドアがきちんと閉まらない。どのようにしたら良いでしょうか。

  • (1)ドアに障害物が引っ掛かっていないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元スイッチをOFFにしてから障害物を取り除いてください。
  • (2)床面のガイドレールに異物が詰まっていないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元スイッチをOFFにしてから異物を取り除いてください。
  • (3)制御部の異常などが考えられます。
  • 原因調査が必要になりますので、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)まで
    お問い合わせください。

ページトップへ

05. 閉まりきる前に、再び開いてします。どのようにしたら良いでしょうか。

  • (1)閉まる途中に障害物がないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元スイッチをOFFにしてから障害物を取り除いてください。
  • (2)センサの異常、その他駆動装置の故障の可能性があります。
  • 原因調査が必要になりますので、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)まで
    お問い合わせください。

ページトップへ

06. 鍵がかかりにくい。どのようにしたら良いでしょうか。

  • (1)鍵受けにゴミ・異物がつまっていないか確認してください。
  • 電源スイッチまたは手元スイッチをOFFにしてからゴミ・異物を取り除いてください。
  • (2)ドアが片下り状態になっている。
  • ドアの建付け調整が必要になりますので、FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)まで
    お問い合わせください。

【注意】
電源スイッチおよび手元スイッチをONにしたまま処置を行いますと、ドアが急に動き挟まれ事故・損壊事故を起こすことがありますので、必ず電源スイッチおよび手元スイッチをOFFにしてください。
点検中に他の人に、電源スイッチまたは手元スイッチをONにされないように、「点検中」とわかるように表示してください。
異常時の処置を終え、運転再開する場合は、安全を確認のうえ、電源スイッチや手元スイッチをONにしてください。

ページトップへ

シートシャッターに関する質問

01. クイックセーバーGR-Sを使っています。全開の高さを半分にしたいのですが、調整可能でしょうか。

半開位置に調整可能です。ご依頼いただければ、弊社サービスマンが設定作業に伺います。
FTS(フルタイムサービス0120-3030-17)までお問い合わせください。

ページトップへ

共通

01. 現地調査と見積りをお願いした場合は有料ですか。

  • ・お見積は無料です。現地を調査させていただき、見積り提案させていただきます。

ページトップへ